PS5 vs Xbox Series S: スペック比較

マイクロソフトは、Xbox シリーズ S の発表により、「コンソール戦争」で新たな一歩を踏み出しました。 明らかに対処するために、299ドルで非常に競争力のある価格で  PlayStation 5 (PS5) All Digital、新しいソニー コンソールの廉価版。

日本企業の側では、価格と発売日を待つだけですが、仕様はすでにわかっているので、両方のマシンを少し比較します.

まず、どちらの場合も 4K UHD Blu-ray ドライブがないこと、つまり「コストを削減する」ことを覚えておく必要があります。 シリーズ S の場合、他の要素も「カット」されましたが、Microsoft は次世代のエクスペリエンスを約束します。

一方、PS5オールデジタルは、ディスクリーダーが欠けているだけで、姉のすべての仕様を維持しています。

ここから、技術仕様に移りましょう

xbox Series S には、4 GB GDDR10 RAM メモリを搭載した 6 テラフロップス GPU が搭載されており、I/O 帯域幅は 8 GB @ 224 GB / s および 2 GB @ 56 GB / s です。

1T SSDを搭載したXbox Series Xと比較すると、ストレージ容量も大幅に削減されています。 シリーズ S は、PS512 の 800 と比較して、5 個の SSD のうちの 200 つをもたらします。 Call of Duty Warzone のような AAA ゲームが最大 XNUMXGbs のスペースを必要とすることを考えると、どちらのコンソールも不十分です。

Xbox Series S が PS5 より優れている点は、CPU の速度です。

XboxシリーズSPS4オールデジタル
価格200 $不明
GPU4 TFLOPS、20 CU @ 1,55 GHz RDNA 2 カスタム GPU10,28 TFLOPS、36 CU @ 2,23 GHz カスタム RDNA 2
CPU8x 3,6 GHz コア (SMT で 3,4 GHz) カスタム Zen 2 CPU8x コア @ 3,5GHz カスタム Zen 2
RAM10GB GDDR6 (8GB@224GB/秒 2GB@56GB/秒)6GB GDDR16 (448GB/秒)
分解能1440p、4K エンハンスト4K、最大8K
フレーム/秒 (FPS)60FPS、最大120FPS
60FPS、最大120FPS

レイトレーシングSiSi
ストレージ512GB PCIe Gen 4 NVME SSD
(非圧縮時 2,4 GB/秒、圧縮時 4,8 GB)
1TB 独自の拡張カード
825GB カスタム NVME SSD
(非圧縮時 5,5 GB/秒、圧縮時 9 GB/秒)
4.0 GB/s で動作するホットスワップ可能な PC グレードの PCIe 5 SSD
コマンド Xbox シリーズ X/S コントローラーPS5 デュアルセンス
重量不明不明
光学ドライブいいえいいえ
サイズシリーズ X より 60% 小さい不明

Xbox シリーズ S は、低コストで新世代に参入したいプレイヤーにとって間違いなく「新鮮な空気」であり、ソニーがコンソールの価格を明らかにするまで、オプションはテーブルに残ります. ただし、噂によると、PS5 All Digital はシリーズ S よりも 399 ドル高い 100 ドルになる可能性があります。